活動状況

ホーム > 活動状況

会議・シンポジウム等

J-Physics 2017: International Workshop on Multipole Physics and Related Phenomena

The J-Physics project will host the 1st International Workshop on the Multipole Physics and Related Phenomena in September 2017 at the stage near the halfway point of the project. This workshop aims at presenting the outcomes of research activities of this Innovative Area both in and outside Japan, and expanding the international exchange and cooperation activities. We look forward to your active participation and presentation.

J-Physics トピカルミーティング「拡張多極子研究の進展と課題」

J-Physics新学術領域の研究活動が3年目に入るこの節目の時期に、これまでの成果と現状の課題を共有することで今後の研究指針を明らかにし、領域内外の研究協力をより活発にすることを目的として、研究項目C01を中心にトピカルミーティングを開催します。

J-Physics トピカルミーティング「強相関多極子系の超伝導:fとdの共通項を探る」

J-Physics新学術領域の研究活動が3年目に入るこの節目の時期に、これまでの成果と現状の課題を共有することで今後の研究指針を明らかにし、領域内外の研究協力をより活発にすることを目的として、研究項目B01とD01が合同でトピカルミーティングを開催します。

J-Physics トピカルミーティング「局在多極子と伝導電子の相関による新現象」

J-Physics新学術領域の研究活動が3年目に入るこの節目の時期に、これまでの成果と現状の課題を共有することで今後の研究指針を明らかにし、領域内外の研究協力をより活発にすることを目的として、研究項目A01を中心とするトピカルミーティングを開催します。

第10回 物性科学領域横断研究会 - 凝縮系科学の最前線 -

物性科学に関連した7つの新学術領域研究が合同で開催する研究会。各領域の研究内容を専門外の研究者や大学院学生に対し解説し、領域間のシナジー効果を高めると共に、物性科学のホットな話題を2日間で概観することを目的とします。一般からの発表としてポスターセッションを設け、凝縮系科学賞の授賞式と記念講演も行います。また、より広い意味での物性科学に関わる新学術領域からのゲスト講演も予定しています。

J-Physics 若手夏の学校

新学術領域研究「J-Physics:多極子伝導系の物理」では、若手研究者の育成と交流のための「J-Physics若手夏の学校」を開催します。気鋭の若手研究者が「多極子入門」や「多体効果の最前線」などの講義を、経験豊かな講師陣が若手に向けたメッセージを含む研究トピックスの講演を行います。世界遺産高野山の宿坊「天徳院」に宿泊します。多数の参加をお待ちしています。

アウトリーチ活動

特別談話会「祝ニホニウム誕生を学ぶ」

2016年6月24日(金)14:00 〜 17:00
神戸大学大学院理学研究科物理学専攻

岡山大学フューチャー・セッション「J-Physics による高温超伝導物質の開発」

2016年2月19日(金) 10:00〜11:00
岡山大学研究推進産学官連携機構 2階 ミーティング室
 (岡山県岡山市北区津島中1-1-1 岡山大学津島キャンパス)

終了したイベント

J-Physics理論討論会

2016年6月4日(土)13:30 〜 6月5日(日)16:00
明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー

平成28年度領域全体会議

平成28年5月26日(木)13:00 〜 5月28日(土)15:40
場所:北海道大学フロンティア応用科学研究棟(札幌市北13条西8丁目)

J-Physics ものづくり学校 第1回「戦略的物質開発入門」

2016年1月8日(金)10:20 〜 1月9日(土)12:45
場所:岡山大学理学部本館21号講義室
(岡山市北区津島中3-1-1)

キックオフミーティング

平成27年9月14日(月)、15日(火)
神戸大学総合研究拠点コンベンションホール
(後援:神戸大学大学院理学研究科)

先頭へ