活動状況|J-Physics トピカルミーティング「Exotic Phenomena in Itinerant Multipole Systems」

ホーム > 活動状況 > J-Physics トピカルミーティング「Exotic Phenomena in Itinerant Multipole Systems」

J-Physics トピカルミーティング「Exotic Phenomena in Itinerant Multipole Systems」

これまでスピン自由度による量子物性・量子相が精力的に研究されてきたが、最近の研究により電子の持つ多極子自由度が特異な現象の起源となることが理解されて始めている。特に、原子サイトに局在した多極子が伝導電子と混成することにより、新しい金属相、たとえば、異常金属状態や非従来型の重い電子超伝導が誘起され大変注目を集めている。これらの実験に触発されて理論の発展も著しく、多極子と伝導電子の混成による非自明な基底状態が世界中の様々なグループから提案されている。

 本研究会では、これまでの成果と現状の課題を共有し活発な議論を行なうことで、異方的で多彩な磁場温度相図を示す籠状Pr化合物の基底状態の理解を深めることを目的とする。

先頭へ